三国志武将を偲ぶ 忍者ブログ
三国志の武将の事をぼんやりと考えていきます。
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/12/15 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/12/12 (Mon)


孔明のライバルとして描かれる魏の大将軍。
思慮深く、計算高く、野心家であり、その流れは息子の司馬帥、司馬昭、そして司馬炎と受け継がれていく。

演義では孔明にいつもやられてしまう損な役回りだけど、最終的に地位と名声を獲得したのは司馬懿である。

たぬき親父のイメージであるが、実際はどうだったのでしょうかね。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]